商品情報

グレンスフォシュ斧本体及び交換柄の金属製楔の有無について

2018/09/13

※2018年9月現在の情報に修正します。

グレンスフォシュ・ブルーク社製斧の斧頭と柄を固定する楔(くさび)について、木製楔のみ使用しているモデルと木製楔+金属製楔を使用しているモデルがあります。

いわゆる「スプリッティング(薪割り)」モデルは木製楔の上から金属製楔を打ち込んで出荷されています。その他モデルは木製楔のみとなります。

斧本体に金属製楔があるモデル

439 ウッドチョッパー
441 小型薪割り
442 大型薪割り
445 大型薪割りロング
450 薪割り鎚
451 薪割り鎚ショート

グレンスフォシュ・ブルーク社と輸入元ファイヤーサイドでは柄の取り付け、交換の際には専用油圧機にてハンドルを固定しています。専用油圧機は圧力が高いため、スプリッティングモデル(薪割り用)以外の斧には金属製楔を使わなくても十分な強度が保たれています。

別売の交換柄に付属する楔は以下のように分類されています。

(木製楔のみ付属のモデル)
GB410 ミニハチェット
425 アウトドアアックス

(木製楔+金属製楔付属のモデル)
413 ハンドハチェット
415 ワイルドライフ
418 ハンター
420 小型フォレスト
430 スカンジナビアンフォレスト
439 ウッドチョッパー
441 小型薪割り
442 大型薪割り
445 ロング大型薪割り
450 薪割り鎚
451 薪割り鎚ショート
475 カービング
465 カーペンター
4801 ブロード
490-3 ダブルビット(廃版)
490 スローイング(廃版)

お客様ご自身で柄を交換する場合(専用油圧機を使わない場合)で、金属製楔が付属しているものについてはこれを必ず使用してください。

金属製楔を使用する際、木割れを起こす可能性がありますが、強度に問題はありません。

上記の楔は単品販売もしていますので、ご希望の方は薪クラブまでお問い合わせください。
柄の交換をご依頼されたい方も薪クラブが窓口となってファイヤーサイドに依頼をかけますのでご相談ください。※替え柄代の他に交換費用と往復送料がかかりますので、お見積りいたします。

薪クラブ本店 グレンスフォシュ・ブルーク商品一覧はこちら

-商品情報